トライアスリートの花粉症対策は?

トライアスロン解体新書 運営日誌

だんだんと春らしい日が増えてきましたね。

と書いてみたのですが、明日はとても寒いらしい・・・

まぁ、それはともかく暖かくなってきたら「バリバリと練習を始めるぞ!」とモチベーションが上がってきますね。 しかし、そのモチベーションの前に立ちはだかる強敵がいます。

それは花粉。

春は花粉症があるアスリートにとっては辛い季節です。

そんな僕も軽度の花粉症でこの時期には鼻炎気味になり、体調が悪かったり花粉の量が多い日は鼻水ズルズルになることもあります。

一番手っ取り早い対策はやはりマスクですね。色々な種類が出ていますが、スポーツ用だとレスプロという製品をよく聞きます(よく宣伝しているということか?)

この製品ではなく市販の使い捨てマスクをつけて練習をしたことはあります。どうなるかというと鼻水や汗でマスクが濡れた状態になりとても不快です(苦笑)

これがただ不快なだけならガマンできるのですが、湿ったマスクって空気を通しにくくなります。この状態で息を吸った場合、その湿った部分が鼻や口にピタッと吸いつくと、とんでもなく呼吸がしんどくなりますというか息が吸えません・・・

まぁ、これはこれで心肺機能のトレーニングも兼ねるといえるかもしれませんが、練習に集中しにくくなることは確かです。

ですので、やはりレスプロのような専用に設計されたマスクを使った方がよいと思います。

ただ、僕はそういうのを実際に購入したことがありません。

それはホノビエンという漢方薬を飲んでいるからです。

3年ほど前に嫁さんの友達が教えてくれたのですが、僕や嫁さんにはよく効きます。下の写真のような錠剤タイプの薬です(たまたま写真を撮ろうとしたら残り3錠しかありませんでした。はやく発注しないと・・・)

 ホノビエン300錠

今はホノビエンのおかげで、少し鼻がズルズルするレベルに収まっており、練習の時にもわざわざマスクをしなくても大丈夫なレベルになっています。

また、個人差があると思いますが、僕の場合は眠くなったり喉が渇いたりといった副作用を全く感じない点も気に入っています。

値段は300錠で5000円、100錠で2600円、36錠で1300円となっており、服用量は1回3錠を1日に3回となっています。僕の場合、それほど症状がひどくないからだと思うのですが、1日1〜2回服用するだけで何とかなってます。

一番安い36錠入りで試してみて、効果がありそうなら圧倒的に安い300錠入りのものがオススメです。

花粉症にお悩みの方は是非一度試してみてはいかがでしょう?

【第2類医薬品】ホノビエン錠 300錠
剤盛堂薬品 (1994-02-21)
売り上げランキング: 28,887

 これでもダメならマスクの購入もありかなと思います。

いずれにせよ花粉症アスリートは何かしら工夫をしてこの季節を乗り切っていくしかないですね。がんばりましょう!

※こういうアレルギーは食事を変えると改善される可能性が高いのですが、原因となるものをみつけるのも大変なので薬に頼るのもある程度はありかなと考えています。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事