バーテープの貼り替え

トライアスロン解体新書 運営日誌

バーテープの貼り替え


0 コメント

1.5年ほど使ってきたバーテープがゆるんできたので、これを機会に新品に変えることにしました。

少し前から柴田プロに

「テニスのグリップ用のテープが良いのでそちらに変えて下さい」

と言われていたので良い機会だと思いテニス用のテープを購入。

スポーツ店に行くといろいろ売っています。種類は差がわからなかったのでヨネックスの5本分セットしました。色は前回と同じ黒。巻き始めには両面テープがあらかじめ貼ってあり、最後に固定するテープも付属していたので作業は楽ちんでした。

一番気にあるのが長さですが、ラケット1本分でDHバー1本に相当する長さです。なのでプルホーンの左右とDHバーで合わせ4本分必要です。ドロップハンドルだとハンドル部分が長いのでもう少し必要かも知れません。

今回はバラバラに買わずに5本分セットを購入しましたが、これはセットが割安だったことと、4本で足らない時の保険という意味でこちらにしました。

さて、巻く時はグリップの握り方を考えて締まる方向に巻いていきます。巻く手順はロードバイク用のバーテープと全く同じです。

で、完成図がこれ。違和感はまったくありません。

テニス用バーテープ1

テニス用バーテープ2

ロードバイク用よりも薄手なためハンドルが太くなりません。僕はこれぐらいの方が握りやすくて良いです。

特筆すべきはグリップ力。ぜんぜん滑りません。滑らなさすぎて最初の頃は違和感を感じるぐらいです。冬用のグローブで握っても確かなグリップ感があります。これだと少ない力でハンドルをホールドできるので長時間走るにはよさそうな予感がします。

さらに話によると汗などで濡れれば濡れるほどグリップ力が増すらしいので、夏場の練習でどうなるか今から楽しみです。

はやく暖かくなってくれないかな〜

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事