レースにはやっぱりCCDドリンク

トライアスロン解体新書 運営日誌

レースにはやっぱりCCDドリンク


0 コメント
CCDドリンク購入

今シーズンの最初のレースであるフレンドリー・デュアスロン磐田大会まで2週間を切りました。ボチボチレースの準備しようということでまずはGWの練習で使い果たしたドリンクを購入。

ここ数年はレース用のドリンクはずっとCCDドリンクです。

CCDドリンク公式サイト

最大の魅力はエネルギーと水分を同時に補給できる点。

補給食をたくさん持っていこうとするとどうしても収納場所の確保に悩みます。また走りながら食べるのも意外に難しい。

この2つの問題をズバッと解決してくれるのがCCDドリンクかなと僕は思ってます。

カロリーも1袋で170kcalなので、パワーバージェル(120kcal)やカーボショッツ(117kcal)よりもエネルギー的にはお得。値段も定価で半額ぐらい。

おなじカロリーでも糖分の種類によって効果は違う

という話もありますがコストパフォーマンス的にはこちらの方がお得ですね。

CCDもCyclic Cluster Dextrinの略でありデキストリンの仲間のようなので単純なブドウ糖ほど急激に血糖値を上げることはないんじゃないかと思っています。

実際にCCDドリンクを飲んでもブドウ糖のように一瞬で急激に元気になる感覚はないですしね。

レースだけでなく練習でもよく使いますがボトル3本を全部CCDでもっていくと100kmぐらいまでなら補給食なしでも大丈夫です(あくまで僕の場合ですが・・・)

ただ、食べた感が全くないのでミドル〜ロングの大会ではこれだけではちょっと微妙ですね。

さて、購入するにあたって安い所はないかと探していたのですが、今回は楽天のワールドサイクルさんで購入。

送料を加えると近所のスポーツショップで買うのと値段差が微妙なんですが、2箱買うとボトルがついてくるということでここで購入決定!

前からロングのボトルが欲しかったんですよね。 普通に買ったら500円以上するからまぁいいかなと。いつまでボトル付きで販売なのかはわかりませんがボトルも欲しいと言う人にはちょうどよいと思いまよ。 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事