第63回岡崎市民駅伝に参加!

トライアスロン解体新書 運営日誌
スタート横断幕

今日は第63回岡崎市民駅伝に出場してきました。

岡崎のトライアスリートクラブ「トライアスロンステーション」のメンバーで結成したチームのアンカーとして出場です。

この岡崎市民駅伝ははトップチームから何分か差が開くと白タスキとなるのですが、トップの三菱自動車陸上部がメチャクチャ速いんですよね。普通の市民ランナーではまず太刀打ちできないスピードです。

なので、それなりに走れるメンバーを集めないとあっという間にタイム差が開きタスキをつなぐのも危うい、という困った大会なんです(笑)

幸いにもトライアスロンステーションチームはメンバーのみなさんの頑張りでここ数年はタスキが繋がっています。ちなみに僕はアンカーしか走ったことがないのでまったく貢献していません(笑)

さて、僕自身の調子はというと・・・

結局正月にひいた風邪がギリギリまで治らず、当日もアップはマスクをしているような状態です。ジョグと流ししかしていないので走れる気が全然しませんでした。

アンカーなので気が楽といえば楽ですが、距離は6.3kmなので後半バテバテにならないか心配です。
ということで自分の実力を冷静に考えて最初から抑え気味のイーブンペースを狙うことにしました。

岡崎市民駅伝走っている姿

レースの方は他のメンバーが頑張ったおかげでタスキは無事に繋がりあとは順位のみ。
せめて順位を変えないように走りたいと思いましたが・・・
結局1人抜いて2人に抜かされたようで、1つ順位を落とし21位となってしまいました。
力不足で申し訳なかったです。

実際のタイムは狙い通り前半も後半もそれほど落ちることなく走り切れたのですが、区間タイムは24分38秒と今までと比べて40秒ぐらい遅いタイムとなってしまいました。

GPSでみてもキロ4分をなんとか切るぐらいのペース。

走り終わった後もまだ余力があるように感じたのでちょっと抑えすぎたかと思いましたが、心拍数のデータを見ると170〜180bpmあたりだったのでかなり追い込まれた状態だったと思います。あれ以上のペースを上げると後半大幅なペースダウンになった可能性が高そうです。

まぁ、これが今の実力ですね。

心配した喉は走り終わってからも痛みがひどくなることもなく大丈夫そうです。

今回は体調管理の大切さが身にしみた大会となりました。

最後に、トライアスロンステーションチームの皆様応援・サポートありがとうございました!

今回のGPSデータはこちらです↓

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事