ボトルゲージホルダーが壊れました。

トライアスロン解体新書 運営日誌
ミノウラ SBH-300

先日、8年ぐらい使っていたサドルの後に着けるタイプのボトルゲージホルダーが壊れていることが判明!

ミノウラのSBH-300 というモデルで少々重い(135g)ですが何といっても安くてシンプルなのが特徴です。

安〜くサドル後にボトルケージを着けたいならイチオシです。ただし、ボトルケージは付属していないので自分で買う必要があります(念のため)

さて、壊れていた場所はサドルレール挟む板金具のねじ穴。

最近どうもガタつくので締め直そうと思ったらボルトがスカスカ・・・

どうやらねじ山がバカになったようです。もう1年ぐらい触っていなかったのに何故こうなったのか良くわかりません。ゆるんだ状態でずっと走っていたのが良くなかったのでしょうか?

いずれにせよサドルに固定できないのは致命的。

思い起こせばトライアスロンで初ミドルに出る時に購入した思い出の品です。お別れは少々寂しいですがしかたないですね。とはいえ8年も使えば元は十分とれてます。

ということで代わりに何をしようか悩んだのですが、ここは奮発して定番のXLAB カーボンウイングにすることにしました。

実用的にはもっと安いターボウイングでも十分だと思うのですが、少しでも軽いものにしたいなと。

購入はアメリカのAmazon.comです。Amazon.comでは国外配送不可の商品も多いのですが、XLABの製品は配送OKでした。

ただ、通常配送だと何週間かかるわからないので、少し(5ドルぐらい)追加して優先配送にしてもらいました。

18日に注文して届いたのは昨日(24日)だったのでほぼ1週間ですね。

XLAB カーボンウィングパッケージ

まだ開封していません。これから取り付けるのが楽しみです。

 
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事