マスクを付けて練習

トライアスロン解体新書 運営日誌

喉が痛い以外は特に問題無さそうだったので、今日はマスクを付けて練習に臨みました。

喉の炎症には乾燥が一番の敵です。マスクをつけると自分が吐いた湿度たっぷりの空気をまた吸うことになるので喉にはやさしいんですね。

練習と行っても1週間何もしていないのでまずはジョギングを30分。

マスクのおかげで多少息苦しいものの普通には走れました。

その後、速い動きの刺激を入れたかったので100m流し+100mジョグの繰り返しを7本行いましたが、これがしんどかった。久しぶりにスピードを上げたこともありますが、それよりもマスクで入ってくる空気の量が制限されているので息が苦しい。

もっと吸いたい!

とマジで思いました。

これってなんちゃって高地トレーニングかもしれませんね^^

マスクは喉の保護+呼吸制限のトレーニングになるので、風邪の後にはちょうど良い練習方かも!?

あんまりやり過ぎると酸欠で倒れるかもしれませんけどね・・・

それから、練習後のマスクはいろいろ汁がついてかなりベタベタになるのでご用心。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事