雨の中でバイク練習しますか?

トライアスロン解体新書 運営日誌

仕事に追われ更新を忘れてたら火曜日になってしまいました。

先週は20日は休息日で21日にラン練習しました。

いつものごとく芝生ラン45分。一回だけ捻挫しそうになる。やはり、不整地を走るときは気をつけないと。

22日の日曜日は外でバイクを走る予定でしたが・・・

バイクのドリル練習が終わったところで雨がポツポツしてきたので帰りました。なので走行距離はたったの37km。不完全燃焼な練習でした。

僕自身は今は雨の中で練習する気が全くありません。基本的に降りそうだったら諦めます。

もちろん雨の中でのレースもありますから、昔は雨が降り始めても普通に練習していました。

でも、歳をとるにつれ滑りやすい路面での落車や事故のリスクや、機材が傷む(錆びる・ベアリングに水が入る)ということを考えると割に合わないと考えるようになったんですね。

今の仕事はからだが資本。事故してケガが一番怖い。

プロではなく趣味で楽しんでやっているわけで、そこまでのリスクをとることもないかなと。

一日練習休んでもその分をカバーする方法はいくらでもありますが、落車などでケガすると肉体・精神・機材すべてにダメージが及びますし、練習できない期間が増えますからね。

無理せず楽しむが一番かなと。

ゆるゆるアスリートのつぶやきでした。

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事