第2回南紀白浜トライアスロンに参加してきました!

トライアスロン解体新書 運営日誌

昨日は第2回南紀白浜トライアスロンに参加してきました。

心配していた天気も雨どころか暑いぐらいのよい天気になりトライアスロン日和だったのではないでしょうか?

結果は39位でタイムは2:29:37。

いや〜オリンピックディスタンスでは今まで一番遅いタイム&順位となってしまいました。

バイクが予想以上にハードなコース(珠洲を思い出す激坂がありました)だったのでタイムが悪いのは仕方ないのですが、思っていた以上にランで走れなかったのがショックでした。こんな状況でアイアンマン大丈夫かなぁ?

7月はしっかり練習したいところです。

では、そんなレースを少しふり返ってみたいと思います。

快適に泳げたスイム

白良浜で行われたスイムは透明度も高く波も穏やかで非常に泳ぎやすかっです。さすがに石垣島ほどではないですが、これだけキレイな海だと泳いでいて楽しかったです。

意外とバトルにも巻き込まれずのんびりマイペースで泳ぐことが出来ました。タイムも1:40/100mのペースだったので今の実力からするとほぼ予定通り。

ただ、海から上がってバイクラックの海岸沿いの道は石畳だったので裸足で走りにくかったです。僕はバイクが一番遠いところにあったので(泣)つらかった。

ハードだったバイクコース

続くバイクコースは平坦なところはスタート地点と最後の空港内ぐらいで大小アップダウンの繰り返しばかりのハードなコースでした。高低差は下図のような感じです。変な横線が入っていますがだいたいの状況はわかると思います。

bike-altitude

GPSによると4つある山は平均勾配4.8%、距離は1kmの登りになります。折り返して同じ道を下るのですが、道幅が狭く追い越ししにくいため、思ったほどスピードが出せないことが多かったです。

しかし、それよりも最後にぴょこんと跳ね上がっている旧白浜空港に向かう登りがとても大変でした。平均勾配が約10%の斜面が800mほど続きます。最後にこれはみなさんキツかったのではないでしょうか?今回はスプロケットを11-25Tにしていましたが、こんな坂があるならロー側に28Tとか用意しとけばよかったなぁと思いました。

なにはともあれ登りはあまり得意ではないので、バイク終了時点でかなりお疲れでした。もっと練習しないといけませんね(苦笑)

脇腹が苦しかったラン

最後は苦手なランニング。前半はずっと下りです。高低差はこんな感じ。

run-alitiude

割とペースが上げれるかと思ったのですが疲れた体にはキツかったです。下りでピッチを高めに走ったせいか中盤から脇腹が痛くなり、かなりペースダウンしてしまいました。

また日陰が少なく中盤からはジリジリと暑くなり最後に2kmぐらいはかなり苦しい状況でのランとなってしまいました。

ランは4:00/km〜4:15/kmぐらいで走れればと思っていたのですが結局は4:40/kmぐらいのペースだったようです。脇腹が痛くても我慢して歩かなかったのがせめてもの救いですかね・・・

まとめ

海はキレイだしバイクコースはキツイですが走り甲斐があります。ランも走りやすいコースでした。大会運営に関しては入水チェックからスタートまでの時間が長すぎる(40分ぐらいある)のとウェットスーツを着てエアロビクスはちょっとキツイと思いましたが、他はよかったと思います。

大会翌日はもう一泊して南紀白浜アドベンチャーワールドで家族サービスまでできてしまうので、家族連れアスリートが旅行ついでに来るにもちょうど良いのではないでしょうか?

来年もまた出たいと思える大会でした。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事