今更ですが今年の伊良湖大会のお話し

トライアスロン解体新書 運営日誌

さてさて1ヶ月以上ブログを放置しておりました。

9月に頭に娘の入院や手術とビッグなイベントが盛りだくさんで、時間的にも精神的にも肉体的にもあまり余裕がなく、書く気になりませんでした・・・

娘はまだ入院中ですが昨日やっと集中治療室から一般病棟に移り退院の目処がたち、サイトの更新もボチボチやっていこうかなと思ってます。

そんな状態のなか出場した伊良湖大会は惨敗でございました。

結果としては25位。

めざせ10位以内だったのですがやはり甘くはないですね。

リザルトを見るとバイク終了時点では10位だったのですが、ランが全然ダメ。

練習を始めてから3ヶ月間、主にラン中心で頑張ったのですがランが一番ダメダメでした。

バイクはできるだけマイペースのつもりだったのですが、最後の周回で少し競り合って頑張ってしまいました。そのおかげでバイクで力を使い果たしてしまったのかもしれません。

ランには行ってすぐに「これはまずい・・・」というぐらい足が動かなくなってました。

5kmを折り返した当たりからは腰も痛みだし、ジョギングペースで進むのがやっととうい有様に。

悲しいかな、これが今の実力ですね。

イミダペプチドは効かずだったのか、効いたからバイクまではいい感じで行けたのかよくわかりません(苦笑)

ただ、大会後に飲まなくなったら朝起きたときのシャキット感が悪くなったような感覚はあります。もう少し継続して飲んでみようかなと思います。

6月から取り組んでいたマフェトン理論のほうは、やはり期間が短くてベースができる前にレースが来たという感じになってしまいました。また、スピード練習をいれようと思っていた8月に体調を崩し練習できなかったことも大きかったと思います。

まぁ、来年に向けて有酸素運動能力を再構築するつもりでボチボチと頑張って行きたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事