トライアスロンルミナ11月号〜自律神経の記事が良かった

トライアスロン解体新書 運営日誌
トライアスロンルミナ11月号

トライアスロンルミナ11月号をゲットしました。いつもお世話になっているトライアスロンショップとらいあんぐるさんで購入。

ちなみに、近所の本屋さんには売ってませんでした。創刊号はおいてあるのを見たんですけどね・・・あまりに人気ですぐに売り切れてしまったのか、取り扱いをあっさりやめてしまったのかどちらなんでしょう?

さて、内容ですが上の写真の表紙にもでかでかと書いてあるようにパワートレーニングについて特集を組んでいました。心拍数よりも客観的に実力が計れるということで海外のプロ選手の間では常識になりつつあるようです。特集には実際のメニュー例も載っているのでパワーメーターを持っている人にとっては有益かも知れませんね。

ただ・・・パワーメータってまだまだ高価ですよね。ホイホイと買える値段ではないので「関係ないよ」という人も多いかも知れません。それに、バイクしか使えませんしね。もう何年かすれば心拍計やGPSのように数万円で手に入るレベルになってくれると思うのでそれからでも遅くないかなと思います。

それよりも、ほぼ全てのトライアスリートにとって必読とも言えるのが「自律神経を整えて上質なアスリートライフを。」という記事。

整体の勉強を始めてから知ったことですが、人間の体調の大部分を支配するのは自律神経なんですよね。交感神経(緊張)と副交感神経(リラックス)のバランスが血流や内臓の働き、体の回復に大きな影響を及ぼしているんです。

この記事では自律神経の大切さや自分で調整するコツが対談形式でまとめられています。コンディショニングにはとても役に立つ知識になると思いますよ。どのサプリメントがいいか?なんて議論よりよっぽど重要かと思います。

この記事で白戸氏と対談している小林弘幸教授の本を早速アマゾンで注文してしまいました。届くのが楽しみです。

話がそれましたが、その他にもいろいろと面白い記事がありました。トライアスロンが気になる人は是非とも購入してトライアスロンを盛り上げましょう!

小林弘幸
サンマーク出版 2011-04-21
¥ 1,470

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事