トライアスロンルミナ1月号を購入

トライアスロン解体新書 運営日誌

アイアンマンハワイ特集ということもあり、久しぶりにトライアスロンルミナを購入しました。

今年は10月頃は忙しくてニュースサイトもチェックしておらず、アイアンマンハワイの結果もまったく知らなかったんですよね(苦笑)

キーンルが遂に優勝したとか、カーフレーが14分半の差を逆転して優勝したとか、今年もハワイでは面白いレースが行われたようですね。う〜ん、ハワイに一度は参加したいなぁ〜。そのためにはもっと頑張って練習しないとダメですね。今は週2〜3時間ぐらい体を動かすレベルの練習しかしてませんから・・・

あと、ハワイ特集で気になるのはバイクやウェアなどの機材関係の記事です。毎年バイクはカラフルなカラーリングのものがあって結構見るのが楽しみだったりします。

今年のプロ選手の写真を見ていて気づいたのは、ルミナの記事中でも指摘がありましたが、半袖のウェアを着ている選手がそれなりにいるということ。

ウェアを着替えることがないプロ選手は今まではほぼ100%タンクトップだったと思うのですが、その流れが変わってきたのでしょうか?

半袖よりタンクトップの方が涼しそうですが、水をかけて濡らせば気化熱でしばらくの間は裸より涼しい状態が続きそうな気はします。乾いてしまったら逆に熱そうですが・・・また、日焼けに弱い選手にも半袖の方がよいでしょうね。

ルミナの記事では、ランでは上半身を脱いでる選手もいたらしいので、やっぱり微妙なのかもしれません。

あと、バイクの時は上半身の動きが少なくて半袖でも気にならないと思いますが、スイムではどうなんでしょうね?泳ぎにくそうな気がしますが・・・

半袖のウェアが一過性のブームになるのかスタンダードになるのか、しばらく様子見というところでしょうかね。

他の記事としては「世界を制するOWS」ということで、第一人者の平井康翔選手がトレーニング方法を解説しています。ヘッドアップのことが詳しく書いてあったので、苦手な人は読んで見ても良いかもしれませんね。

僕が一番響いたのは

週2回泳いでるなら、それを継続するようにして欲しいですね。ストレッチとかも毎日10分だけでもいいから継続するとか、そういう積み重ねが結果としてすべての種目に生きてくると思う

というコメントです。スイムと全然関係ないコメントですが(苦笑)やっぱりコツコツ積み重ねる大切さがわかっていてそれを実行できるからこそ第一人者になれるんですね。

それから、今月号は1240円とすこし高いのですが、これはトライアスロンダイアリーが付いているから。シンプルな構成でトレーニング日誌を手軽に付けられます。

僕は自分のオリジナルのものを作って使っているので、付録の冊子は使ったことがないのですが、

「トレーニング日誌着けたいけど普通のノートに付けるのもなぁ・・・」

と思っている人にはまず最初に使うものとしてオススメですよ。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事