疲労回復の救世主!?イミダペプチド購入してみました。

トライアスロン解体新書 運営日誌

お盆以降すっかりトレーニング日誌を更新していませんが、練習の方も全然できておりません(苦笑)

仕事の方でもプライベートの方でも色々とストレスが重なりモチベーションが下がってきていたところに、お盆明けに風邪をひくという事態に・・・

「これではいかん」ということで1週間は休養期として30分ぐらい体を動かすことを数日やったのみ。

今週から頑張ろうと思ったのですが、月曜から再び風邪がぶり返して思うように練習できずという感じです。

もう伊良湖まであと2週間もないので、スピード練習をたまにいれて速い動きに慣れるぐらいにしておこうと考えています。

それにしても8月に入ってから寝不足やらストレスやらの影響か疲労感が全然抜けず参ったなぁと思っていたところに、面白い物を見つけました。

それが「イミダペプチド」です。

イミダペプチドとはなんぞや?

イミダペプチドとはなんぞやというとメーカのホームページにはこう書かれています。

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、ヒトや動物の骨格筋に存在するアミノ酸結合体です。
長時間、翼を動かし続ける渡り鳥の筋肉中に高濃度に含まれ、食肉においては鳥胸肉が牛肉や豚肉に比べて2~3倍も豊富に含んでいることが知られています。

要はアミノ酸の一種ですね。

「渡り鳥が数千kmも休みなく飛び続けることができる秘密は、その胸の筋肉に大量のイミダペプチドが含まれているからだ」ということが、産官学連携の研究で分かってきて、それを抽出してドリンクにしたものがこの商品だそうです。

話としてはVAAMと似ていますね。VAAMの場合はスズメバチの脂肪の代謝をヒントに開発された商品で、脂肪を効率よく使えるようにするという触れ込みです。

一方のイミダペプチドは「活性酸素」の発生を抑える成分だということです。

活性酸素はガンなどの病気に影響を与えるだけでなく、アスリートの場合はケガや競技成績の悪化にも関係してくると言われています。ハードな運動をすると大量に活性酸素が発生することも明らかになっています。

イミダペプチドは活性酸素を抑えることで筋肉へのダメージを防ぐ効果があり、それが結果的に渡り鳥の驚異的な持久力にもつながっているという理屈です。

また渡り鳥意外にも、一生泳ぎ続けるマグロなどの回遊魚では尾の筋肉にたくさん含まれることが確認されているそうで、動物の長時間激しく使う筋肉に豊富に含まれている成分のようです。

ここまで聞くと持久系バリバリのトライアスリートとしては「効果ありそう?」と思えてきますよね(笑)

ただ、飲んだ瞬間から効果がでるものではなく、継続して飲むことで体内のイミダペプチドの濃度が上がり、そうなってはじめて効果を感じれるものだそうです。ですから、スペシャルドリンク的なものではなく日々飲むものという位置づけになりますね。

困ったときのサプリ頼み(笑)

さて、今の僕の現状としては、

疲労もなかなか抜けない

練習も順調にできていない

伊良湖までもう日もない

というないないづくしなので、藁にもすがる気持ちで(笑)イミダペプチドに頼ってみることにしました。あ、モニターキャンペーンやってたのも大きな理由の一つです。

パッケージはこんな感じ。

イミダペプチド外箱

蓋を開けるとたくさん並んでいます。

イミダペプチド開封

上の写真のように10本セットで売っています。飲み始めて今日で4日目。劇的に疲労感がなくなったという感覚はありませんが寝起きの体のしんどさは何となくよくなったような気がします。

メーカーの説明によると5日間ぐらいは飲み続けないと効果が感じられないそうです。何はともあれ伊良湖までずっと飲み続ける予定です。果たしてどうなるのやら?

ちなみに味は美味しくないです。蜂蜜や果汁が入っているので美味しいと期待していたんですけどね。薬と思って飲むのが良さそうです。冷蔵庫で冷やして飲んだ方がまだましです。もし効果があって毎日飲むぞ〜となったら錠剤を買った方がよいかもしれませんね。

モニターキャンペーンなら980円でお得に購入できます。いつまでキャンペーンをしているかわかりませんが、お試しで購入するなら下記のリンクから購入できます。


イミダペプチド(ドリンク)

また普通の値段になりますがAmazonからも購入できます。

イミダペプチド30ml×10本

イミダペプチド30ml×10本

posted with amazlet at 14.08.29
日本予防医薬
売り上げランキング: 8,976
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事