ウェットスーツはやっぱり速い

トライアスロン解体新書 運営日誌

今年最初のレース、館山トライアスロンまであと10日となりました。

昨日は機材の確認の意味も込めてウェットスーツを着てスイム練習。

あ、海ではなくプールです。

温水プールは暑いのでフルスーツでなくロングジョンを使いました。
大会本番も多分ロングジョンで行くと思います。

久しぶりにウェットスーツを着るとやはり速く泳げますね〜。

昨日のメインは

100×7 1分30秒サークル
100×8 1分35秒サークル

ここ最近は調子が悪く1分30秒サークルでは4本が限界でした。

ところが、ウェットスーツを着ると楽に1分25秒で泳げてしまう。

あまりに楽に泳げたので途中からメニューを変更して

100×15 1分30秒サークル

にしたのですが、ほぼ1分25秒イーブンで回ることができました。

やはり体が浮くと違いますね。

しかし、ウェットが無くても同じスピードで泳げる人は沢山いるのでフォーム改善の余地まだまだありますね・・・

まぁ、いずれにせよレース前の景気づけにちょうどよい結果がでたのでよかったです。

しかし・・・泳ぎ終わった後ウェットスーツを洗っていると肩が破れているのを発見!(写真を取り忘れてしまいました)

肩は動きが大きいので破れが広がってくる可能性が高いです。

何事も早め早めの処置が大切。

ということでいつもお世話になっている「とらいあんぐる」さんに行って修理してもらいました。

修理はウェットスーツのゴム専用の接着剤で接着します。

ご覧のように無事にくっつきました。

ウェットスーツの修理

他と比べてテカテカしているところが補修箇所。テカテカしているのはみ出した接着剤です。

これで安心して大会に出ることができそうです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事