2015年のトライアスロン解体新書の方向性

トライアスロン解体新書 運営日誌
photo credit: franklin_hunting via photopin cc

明けましておめでとうございます。

いよいよ2015年がスタートしましたね。

ここ2年ほどは子供ができて色々とバタバタしていましたが、やっと落ち着いてきました。この2015年はサイトの更新もトライアスロンの練習も増やしていきたいな〜と思ってます。

そんな中、年末に録画して放置してあったトライアスロンやロードバイク関係のTV番組を何気なく見ていて、今後のサイト運営の方向性を決めました。

2015年の方向性

今までトレーニングやフォームに関してはスクールやコーチに付くのがベストだと思い、あまり突っ込んだ記事を書いてきませんでした。そもそも僕自身が他人に偉そうに指導できるほどでもないですしね。

でも、あるテレビ番組を見て考えが変わったんです。

だいぶ前に録画した番組なのですが、NHKでやっている「めざせオリンピアン」という番組です。

その番組ではトライアスロンでオリンピックを目指す中学生が上田藍選手にコーチを受けるという内容だったのですが、彼は誰からも指導を受けることなく恐らく素人と思われるお父さんと一緒に試行錯誤でトレーニングしていました。

スイムはスイミングスクールに行っているので素晴らしかったのですが、バイクはフォームやトレーニング方法がイマイチな感じで見ていて歯がゆかったです。スクールやクラブチームに入ればいいのに・・・と思うのですが地理的に難しいようでした。

今回は番組の企画のおかげで上田選手に色々と指導してもらうことができたようですが、オリンピックを目指すならもっと継続的に指導を受けた方がよいことは間違いないですよね。

で、この番組を通して、指導者が身近にいる環境でなく手探りで頑張っている人もいるんだな、ということに気づきました。また、クラブやチームに入ることがわずらわしくてどこにも所属せずに練習しているという人の話もたまに聞きます。

そこで、僕の知っているトレーニングやフォームの知識・経験をまとめれば、そうい人達にとってベストとはいかなくても、少なくとも的外れなことはしなくて済む情報は提供できのではないかと思います。物足りなければプロのコーチに指導を受けてもらえばよいですしね。

ということで、「2015年はトレーニング・フォーム関係の記事をたくさん書くぞ!」という方針に決まりました。

それから、もう一つ。数年前から「本当に使える」大会情報サイトっていうやつを作りたいと思っていたのですが、技術的な目処がたったのでなんとか春までに公開できれば・・・と思っています。

アイアンマンに向けて

それと、もうひとつ。今年はアイアンマンジャパンを一つの大きな目標としてトレーニングをしっかりしていきたいと思っています。

30代前半のアイアンマンによく出ていた頃は独身で時間もタップリありましたが、今は小さい子供もいるので練習時間はかなり制約があります。

これからアイアンマンまでのトレーニング計画を立てる予定ですが、多くても週8〜10時間ぐらいの時間しかとれませんが、コツコツと地道にベースを積み上げて行けば何と中なるだろうと楽観的に思っています。

その途中経過をコンテンツとしてアップしていけばこれからアイアンマンを目指す人にも役立つものになるかな〜とも思っています。

ちなみにアイアンマンに向けてモチベーションが上がってきたのは、またまたNHKでやってた「激走!日本一の坂に挑む~絶景の乗鞍」という番組を年末に見てからです。

この番組ででてくる軽量さと剛性(転がり抵抗)のどちらを優先するべきかというテーマも面白かったのですが、スランプ状態から5度目の優勝を狙ってもがく森本さんの姿にちょっと感動しました。最後に見事に優勝してしまうところがさすがですが、実力のある人も日々苦悩しながら努力しているという姿はとても勇気づけられます。お陰さまでかなりモチベーションがあがりました(笑)

何はともあれ、2015年はよりアクティブに更新して行ければと思いますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

関連する記事